住宅ローン

骨盤矯正の体操やエクササイズ

産後の骨盤矯正のストレッチ

産後骨盤矯正のストレッチや運動は、気軽にお家でも行うことができます。

ストレッチや運動が苦手な方は、始めのうちは面倒くさくても、身体を動かしている内に入り込み易くなりますので先ずは、身体を動かしてみてくださいね。

産後でもできる超簡単な骨盤矯正ストレッチ

利き足とは逆の足の指を動かしましょう。

身体のバランスを見た時に、利き足に身体の体重が偏りがちで、体重の偏りは骨盤の歪みの原因にもなります。

そこで、利き足とは逆の足の指をわざと動かすことによって、骨盤を矯正するという効果を狙います。

それでは、早速、産後の骨盤矯正ストレッチのやり方です。

1.床に座って両腕を後ろの方に突っ張ります。

2.利き足とは逆の足の指を2〜3分程度、グー、チョキ、パーと動かしましょう。

これだけで、産後の骨盤矯正をすることができます。

次に、別の産後でもできる超簡単な骨盤矯正ストレッチです。

1.床にあおむけに寝ます。

2.足を肩幅ぐらいに開きます。

3.ひざを直角に曲げます。

4.手のひらを内側に向けて身体の横にくっつけます。きおつけの状態ですね。

5.その状態で、ゆっくりと腰を持ち上げて5秒停止します。

6.ゆっくりと腰を元の位置に戻します。

これを10回くらい繰り返します。

このような骨盤矯正ストレッチなら、産後でも気軽にお家で出来ますので試してみてはいかがでしょうか?

骨盤矯正とダイエット

産後には骨盤矯正ベルトもおすすめです。

産後には骨盤矯正ベルトもおすすめです。

 
産後の骨盤矯正やダイエットでは、下着などの身に着ける物に気を付けることが大切です。

産後の身体は、妊娠前の体に戻ろうとしています。

戻ろうとする力をサポートする事で、産後の体型をより簡単に整える事が出来ます。

骨盤矯正ベルトは、コルセットほど重装備ではなく手軽に装着でき、効果も高いのでおすすめです。

骨盤矯正ベルトを選ぶ際には、以下の点を注意してみてください。

1.伸縮性がある事。
適度な伸縮性が無いと骨盤をしっかり保護できません。

2.通気性が良い事。
蒸れて皮膚がかぶれてしまう事って意外と多いです。

3.安いけど、評判が良いもの。
安くても、使えないものではどうしようもありませんね。

産後に骨盤矯正ベルトをつける事で、ダイエット効果も期待できます。

無理のない範囲で長期的に取り組むことが大切です。

今、一番安くて評判の良い産後におすすめの骨盤矯正ベルトです。

骨盤矯正とダイエット

骨盤を矯正するメリット

骨盤矯正するメリット
産後は、どうしても骨盤に歪みが出てしまいます。


その歪んだ骨盤は、矯正せずにほったらかしにしておくと、様々な症状を引き起こしてしまい易くなります。


その主な症状とは・・・


1.冷え性


骨盤がゆがむことで、血行が悪くなると冷え性になりがちです。


2.肩こり


冷え性とも関連して、血行の流れが悪くなると肩こりの原因にもなります。


3.生理不順


血行が悪くなる事によって、身体が冷えやすくなる為、生殖機能にも支障をきたしやすくなり生理不順などになりやすくなります。


これらの症状の主な原因は、血行の流れが悪いという事が挙げられます。


そこで、骨盤を矯正することで血行の流れを良くします。


血行の流れが良くなれば、新陳代謝も活発になります。


また、産後は大抵の方が太りがちです。


ただでさえ、日本人女性のほとんどの方は、ヒップよりバストが大きかったり、おなかがポッコリ出てしまいがちです。


そんな体型になっていたとしたら・・・


骨盤矯正で、ダイエットに成功するチャンスです。


骨盤矯正をすることによって新陳代謝を活発にし、尚且つ、歪んだ骨盤も矯正ガードルなどを使って同時に矯正することで、効率的に妊娠前の体型に近づけることができます。


ここで、簡単に始められる骨盤矯正のやり方をご紹介します。


呼吸の方法を、胸を張って、胸で呼吸するようなイメージを常に意識します。


その呼吸の方法をすれば、背筋も自然と伸びてきます。


胸で呼吸することにより、内臓が本来の正しい位置へと収まり、内臓によって腰にかかっていた負担が軽減されます。


その状態で矯正下着やストレッチを行えば、より効果的にダイエット出来るでしょう。

 

矯正ガードルや矯正下着

産後の骨盤矯正ガードルの選び方

産後骨盤矯正ガードルの選び方ついて

骨盤矯正ガードルを選ぶ際にいくつかの注意点があります。

先ず、ウエストの部分は、骨盤矯正ガードルを選ぶ際にとても重要です。

ウエストとおなかをすっぽりと包み込むものがいいです。

なぜなら、出産で骨盤が緩んでいる為、安定させたほうが良いからです。

ウエストとおなかを包み込む骨盤矯正ガードルなら、ウエストを高い位置にキープすることが期待できます。

また、ウエストを高い位置にキープすることによって、腰の負担を軽減します。

ウエストの高い位置にキープするということは、ヒップアップ効果も期待できます。

ほかにも、太もも部分までサポートしてくれる物もあります。

太もも部分までサポートしてくれるロングタイプの場合、太ももの引き締め効果もあってお薦めです。

産後と骨盤矯正

産後の骨盤矯正にはサポートショーツがお薦め

産後骨盤矯正にはサポートショーツがお薦め

産後の骨盤矯正下着のサポートショーツについての説明です。
 
骨盤矯正下着の中でも、サポートショーツは、はき込みが深いタイプの矯正下着です。

おへその上まで、すっぽりと覆うためウエストとヒップが元に戻ろうとする力をサポートしてくれます。

ガードルに比べつと、サポートショーツのほうが、着用感が軽いのが特徴です。

そのため、ガードルだときつ過ぎるので苦手という方でも、お薦めできる骨盤矯正下着です。

矯正ガードルや矯正下着

産後に骨盤矯正ガードルを着ける時期

産後骨盤矯正ガードルを着ける時期

産後から、おおよそ3ヶ月までが、最も、体が元に戻ろうとする力が著しい時期です。

もし産後から日が経っていたとしても、本人の努力次第で付いた脂肪を、いつでも落とすことは可能です。

産後の身体の状態は、基本的に妊娠する前と同じ身体の状態です。

ただ、注意しなければいけないのは、出産前に比べると骨盤が緩んでいる状態です。


なので、産後には骨盤を正しい状態へと矯正するものが必要となってきます。

できれば、産後の早い時期から骨盤矯正ガードルの着用で矯正することをお薦めします。

また、着用の際には、医師に相談してからにしましょう。

産後と骨盤矯正

産後の骨盤の歪みチェック

産後の骨盤に歪みがあるかをチェックしてみましょう。

まずは、骨盤の高さにズレがないかをチェックする方法です。

.床に仰向けに寝ます。

.両足を肩幅に開き、左右の骨盤の位置を確認します。

.左右の骨盤に親指をのせ、中指(痛みを感じやすく、些細な違和感も気になりやすいところです)を床につけることで左右の骨盤の高さを比べます。

このときに、左右の高さが同じでなければ、骨盤に歪みがあるということになります。


また、肋骨と骨盤の間の長さをはかる事でも、骨盤の歪みを確認する事ができます。

肋骨と骨盤の長さの測り方。

.きちんと背筋(ムリをすると危険なので、トレーニングの際は慎重に行いましょう)を伸ばして、重心を身体の真ん中に置くように注意して正座をします。

.左右同じ位置になるように、肋骨の一番下に親指を置き、中指か人さし指で骨盤の上の部分までの距離を計ります。

片方のみが長い時は、骨盤が歪んでいると思ってよいでしょう。

例えば、右側が長い時には左が、左が長い時には右側に骨盤が傾いて歪んでいるという事になります。

この他にも、仰向けに寝転がった時に、左右で足の長さが違ったり、真っすぐ立った時に肩の高さが違ったり、いつも片方の靴だけある部分が摩り減るといった事も、骨盤が歪んでいると思われます。

骨盤が歪む事で、体全体のバランスが悪くなりますので、いろいろな部分で骨盤の歪みをチェックしてみましょう。

以上が簡単なチェック方法です。

いずれも、簡単で即実行する事ができるチェック方法なので、産後に限らず骨盤の歪みを気にしているのであれば、是非、お試してみてはいかがでしょうか?

産後と骨盤矯正

骨盤矯正とエステ

骨盤矯正が必要な女性が、現在、ほとんどだというデータもあります。

骨盤矯正する事で身体が細く(ダイエット効果)なって、冷え症などの諸症状も改善したという話を良く聞きます。

骨盤矯正方法も多種多様ですが、最近では、骨盤矯正用のベルトやガードルなどが人気です。

その理由としては、気軽に骨盤矯正が出来ると言うことが最も大きな理由です。

一方、エステサロンなどでも骨盤矯正ができるお店があります。

実際にエステが骨盤矯正に効果的なのでしょうか?

骨盤矯正を施術となると、イメージ的に荒療治とか、何やら痛いイメージをしがちですね。

しかし、エステでは、すぐに骨盤の位置を元の位置に戻したりするわけではないのです。

すぐに骨盤を動かしてしまったりすると、筋肉が収縮してしまったりするので、逆効果になってしまいます。

まず、骨盤周辺の筋肉をマッサージして筋肉を引き締めていきます。

このマッサージも全く痛みを感じるところはなく、体全体の代謝UPにもなるようですし、代謝がUPする事により体内の老廃物を外に出そうとしますから、毒素排出効果も高いのです。

骨盤矯正をしながらデトックス効果もあるなんて、一石二鳥ですね。

元々、骨盤が歪むことにより、身体全体のボディバランスが乱れます。

その結果、血行が悪くなり、太りやすい体質になったり、冷えや肩凝りが起きやすくなる原因を作ってしまいます。

しかし、身体のバランスや血行の流れは、自分の力ではどうにもならないことが多いものです。

そういう時にこそ、エステのプロの手を借りて骨盤矯正をする事によって体質の改善も図れると思います。

骨盤矯正すれば、他の身体の部分でも改善がみられるため、エステによる骨盤矯正を受ける女性も多くなってきております。

産後と骨盤矯正

産後と骨盤矯正のベルトの効果とは

日々の生活で椅子に座っている状態で、足を組んだりしていないですか?

電車の中で立っている時、左右いずれかの足にいつも重心を置いたりしていませんか?以上のように、日頃の生活で知らず知らずのうちにしてしまっている癖が原因で、骨盤にズレや歪みが生じてしまいますよね。

たかがゆがみと思われやすいですが、この歪みは基礎代謝量を悪くさせてしまうため、脂肪がつきやすい体を作りだしてしまったり、むくみをおこしてしまったりします。

「骨盤矯正用ベルト」は、そんな骨盤の歪みを手軽に矯正する事が出来るという事をご存知でしょうか?

最近、本屋さんやコンビニエンスストアでもよく見かけるようになっているのです。

骨盤矯正用ベルトは幅が広い物で、骨盤全体と股関節をしっかりがっちりと固定してくれます。

腰痛など腰に多少のトラブルを抱えている人でも不安がなくお使いいただけるのも魅力の一つです。

骨盤をこのベルトで固定してあげることによって、体全体的なバランスを整えることができるため、腰の痛みを軽減する事も可能です。

産後の女性にもよく使用されています

出産後は体がゆがみやすくなっている時期でもありますので、この時期にきちんと骨盤のケアをしておかなけれね、体型が戻らなくなってしまうのです。

このベルトで骨盤矯正をしたことにより、妊娠する前よりもスタイルが良くなったというような話もよく耳にします。

骨盤矯正ベルトは、骨盤の歪みを矯正しているだけでなくお腹を押さえているので、腹回りのダイエットやシェイプアップにも有効でしょう。

産後と骨盤矯正

産後の骨盤矯正とエステ

産後の女性に限った事ではありませんが、現代では、ほとんどの女性が悪い生活習慣の影響で骨盤が歪んでいると言われています。

骨盤の歪みを直す骨盤矯正によって産後のダイエットや足腰の冷えなどを改善できたという例は多いです。

骨盤矯正の方法は多種多様ですが、最近では、骨盤矯正用のガードルやベルトなどで手軽に、簡単に骨盤矯正ができます。

骨盤矯正ガードルやベルトの他にも、骨盤矯正の方法には、エステサロンなどでも、骨盤矯正を行ってくれるお店も増えてきました。

では、実際、エステティックが骨盤矯正に効果的なのでしょうか?

エステサロンでは、整体とは違うため、すぐに骨盤の位置を元の位置にもどしたりはしません。

すぐに骨盤を動かしてしまうと、筋肉が収縮してしまったりするので、逆効果になってしまいかねます。

なので、最初は骨盤周りの筋肉をマッサージします。

このマッサージでは、新陳代謝をアップして、身体の老廃物を取り除く、デトックス効果を狙っています。

冷えや肩こりの原因は、骨盤が歪んでしまう事によって、身体のバランスに支障をきたした結果、血行が悪くなり、痩せにくい体質になったりします。

デトックス効果があるエステティックによる骨盤矯正は、まさに、一石二鳥とも言えそうです。

産後と骨盤矯正

骨盤矯正する上で役に立つ骨盤の仕組み

骨盤の仕組みは知っておいた方が、産後に限らず骨盤矯正をする上で大変役に立ちます。

身体の下部にある骨盤は、内臓の器のような存在です。


骨盤内部におなかのいろいろな臓器や、女性の場合には、子宮や卵巣といった妊娠、出産、産後に特に大切な臓器がおさまっています。


骨盤は一つの骨ではなく、腸骨と坐骨と恥骨という3つの骨が一つになった寛骨という骨がそれぞれ左と右にあります。


骨盤の中心には、仙骨と尾骨という2つの骨があります。


骨盤は、寛骨、仙骨、尾骨の3つの骨からなり4つのパーツによって形成されています。

上半身と足とをつなげる重要な役割を果たしているのと同時に、歩く際の着地の衝撃も吸収する役割を担っている重要なパーツです。


また、普段何気なく歩く事が出来ているのは、骨盤が足の動きと上半身の動きの調整をとることによって可能となっているのです。


骨盤に支えられている内臓は、骨盤の周りの筋肉に支えられていて、脳から内臓へ出される命令は骨盤の神経によって伝えられています。


骨と言うと固いというイメージがありますが、実は、骨盤は柔らかい骨で、人の呼吸に合わせて開いたり閉じたりしています。


呼吸に合わせて動いている骨盤は、すごく、デリケートな骨でもあります。


骨盤に問題が起こると、内臓の働きが悪くなったり、身体のあちこちに悪影響を与えてしまいます。


骨盤は、普段からいつも力が作用しているので、骨盤を矯正するうえでも骨盤の仕組みを知っておいた方が良いでしょう。

産後と骨盤矯正

産後の骨盤矯正とO脚

産後に骨盤矯正する事で、O脚も矯正できます。

産後は特に、骨盤が歪み易いといわれていますので、産後に骨盤矯正をすることは、特に有効です。

産後の歪んだ骨盤は、O脚にも深く関係している事をご存知でしたか?

実は、O脚は脚の骨が曲っているというわけではなく、骨盤が歪むことによって、股関節も歪んでしまう事が原因です。

直立した状態で、両膝がつかず、膝が内側を向いてしまっている状態をO脚と言っています。

O脚の原因は、骨盤の歪みによっては股関節がずれて、大腿骨が外側へずれることにより起こります。。

大腿骨がずれてしまうと、人間の身体全体のバランスが乱れてしまいます。

崩れたバランスを保つため、無意識のうちに脚の筋肉が発達してしまいます。

足の筋肉は、外側を中心として筋肉がついてしまうため、脚が湾曲してしまい、O脚となります。

骨盤の歪みによってO脚になった場合、骨盤矯正によって正しく矯正すれば改善する事が多いです。

骨盤の歪みが原因のO脚は、見た目が悪くなってしまうだけじゃなく、腰痛や膝痛、冷え性、便秘など、そのほかの症状も引き起こしてしまい易くなります。

O脚に気付いたら、早目に骨盤矯正をする等の対策をとる方が良いでしょう。

また、椅子などに座った時に脚を組んだり、立っている時に片方に重心を置いたりなどは、骨盤の歪みにつながりますので避けるようにした方が良いです。

日頃のちょっとした習慣を正すことによって、骨盤の歪みを防ぐ事が出来ますので、是非、気を付けてみてくださいね。

骨盤矯正は、ベルトやガードルをつけたり、骨盤周辺の筋力を付けることによってもできますので、いろいろ試して自分に合った骨盤矯正方法を見つけてO脚も矯正してみてくださいね。

骨盤矯正ヨガ

産後の骨盤矯正とヨガ

産後に骨盤を矯正するという方法には、骨盤矯正用の器具を使ったり、整体院に通ったりと様々あります。

最近、産後の女性の間で特に注目を集めているのが骨盤矯正ヨガと言われている矯正方法です。

ヨガはそもそも、呼吸法やポージングを行うと骨盤を矯正するという効果があります。

骨盤矯正ヨガは、特に、骨盤を矯正するポーズを多く取り入れたヨガのことをいいます。

このヨガには、産後に体型の崩れてしまった女性の方々が多く通っていらっしゃいます。

整体院で骨盤矯正をしてもらった後、今までと同じ生活を送っていては、再び、骨盤が歪んでしまうだけですので、ぜひとも、骨盤矯正ヨガを取り入れて正しい骨盤の位置をキープするようにしてみてください。。

骨盤は、夜の寝ている間に開いていて、朝から日中にかけては閉じているといった状態がベストの状態なのです。

そのベストな状態をキープする為にも、朝起きてからヨガを行うことをお薦めします。

日中の起きている時間に、骨盤が開いている状態が続いていると、内臓を支える筋肉が衰えてしまいます。

そのため、結果的に『ぽこっ』としたお腹になるなどして、体型が崩れてしまいます。

朝ヨガを行うことによって、日中に骨盤が開きっぱなしになるのを防止します。

朝は、最も骨盤を調整しやすく、骨盤が閉まりやすい状態にあります。

また、朝ヨガを行って、産後に歪んだ骨盤を元の位置に戻すと新陳代謝も上がります

新陳代謝が上がれば、体の中のあまった老廃物が体外に排出されやすくなるため、毒素排出効果も期待出来ます。

ヨガで産後で歪んだ骨盤を矯正する事によって、体のバランスを保ち、身体の中からキレイになりましょう。

産後と骨盤矯正

産後の骨盤矯正とインナーマッスルの関係とは?

産後に骨盤矯正と聞くと、骨盤矯正用のクッションや骨盤を固定して矯正するようなベルトを使用したり、整体院やエステで骨盤矯正してもらう事を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、産後に骨盤矯正をして歪んだ骨盤を元に戻したとしても、そのままにほったらかしにしていると、結局、また骨盤に歪みが生じてしまうことを御存知でしたでしょうか?

つまり、骨盤を元の位置に戻すのみでは、駄目だということですね。

インナーマッスルと言う言葉を、一度は耳にした事があるはずです。

この、インナーマッスルが骨盤矯正と非常に密接に関係している事が、最近、すこしずつ注目されています。

例えば、産後に骨盤を矯正したとしても、骨盤を支えている周りのインナーマッスルの筋力が低下してしまっていると、先程もお話したように、再び、骨盤に歪みが生じてしまうということが分かっています。

インナーマッスルを鍛えるという事は、骨盤を支えるという事だけではなく、ダイエットにも有効だという事が分かってきました。

つまり、インナーマッスルを鍛えれば、脂肪が燃焼し、痩せやすい体を作る事が出来ます。

鍛えると聞くと、毎日、ハードな筋力トレーニングを行わなければいけないといった、きついイメージがあります。

しかし、インナーマッスルを鍛えるのは、意外と気軽にお家でもできてしまいます。

先ず、左右の足を肩幅程度に開きます。その時には、軽く膝を曲げて腰を落としてください。

そのままの体勢で、フラダンスのイメージで腰を左右にユラユラとゆっくり動かします。

左と右に動かしたら、次に、前後にゆっくりと動かします。

産後ですから、無理に大きく動かすことはやめましょう

自分で気持ちが良いと感じる程度に、ゆっくりうごかすことで、インナーマッスルを鍛える事が出来きます。

産後と骨盤矯正

骨盤の歪みの原因

あなたは、自分でも知らないうちに骨盤が歪んでいると言う事に、気づいていらっしゃいますか?

骨盤は人の体の土台となっており、体を支える大切な部分です。

その土台ともいえる骨盤が歪むと体全体のバランスが乱れてしまいます。

骨盤は、日常生活の中で、生活習慣の癖などによって知らず知らずのうちにゆがみを生じてしまっている事が多いのです。

骨盤が歪んでいく要因としては、椅子に座る際についつい脚を組んでしまったり、片足に重心を乗せて立ったり、長時間の立ち仕事や膝を少し曲げて立つなどの動作です。

また、かいものや生活の中で、重い荷物を腰を使用して体全体で持つのではなく、手だけで荷物をもったり、床に座った時に足を横に曲げて座ったりする事も、骨盤の歪みの原因となってしまいます。

このような事で知らない間に徐々に骨盤が歪んでくると、体の不調に繋がってしまいます

そして、骨盤が歪んでいると、姿勢が悪くなったり、肩コリや腰痛を引き起こしたり、内臓の働きも悪くなってしまうのです。

加えて、骨盤がゆがむことで、新陳代謝も悪くなるため、浮腫や冷え性、便秘などの原因にもなってしまいます。

こういった症状がある場合には、知らず知らずに骨盤が歪んでいるかもしれないので、病院や整体で診て貰いましょう。

あとは、骨盤に歪みを生じさせないようにするためにも、日頃の生活の癖を少し意識しながら改善してみてください。

産後と骨盤矯正

産後に骨盤矯正で元に戻す方法とは

産後に、以前履いていたズボンが履けなくなったなんてこと、おおいかもしれませんよね。

これはお腹の中に赤ン坊がいることにより、骨盤が大きく前に傾斜してしまっているからと言われているんですね。

骨盤は妊娠していなくても、通常は一日中、開いたり閉じたりを繰り返しているのです。

しかし、妊娠して出産が近づき、腹部が大きくなるにつれて骨盤も大きく開き、出産時にはあかちゃんが通るため、更に、大きく開くみたいですね。

妊娠・出産によっては骨盤がゆがんでしまうことが原因となって、腰痛や肩凝りを感じたり、太りやすくなったりする事も少なくありません。

それだけじゃなく、足のしびれやむくみ、冷えなどの症状がひどくなることもあります。

そのようにならないためにも、産後に骨盤矯正は大切なのです。

骨盤矯正は色々と紹介されています。

でも、産後はあかちゃんの育児で体力的にも精神的にも大変な時期ですから、整体院に通ってみるのも良いですよ。

実際、産後に骨盤矯正された方に話をきいてみますと、やっぱり、整体院やカイロに通って専門の方にサポートしてもらうのがいいとのことでした。

整体院などに通う時期としては、産後一カ月は避けた方がいいでしょうね。

産後1ヶ月は、体が産前の体に戻ろうとして、自然と矯正を行う大事な時期です。

このとき期に無理やり体を元に戻そうとすると、全身のあらゆるところに影響を及ぼす場合もあります。

産後はいつもよりも骨盤が歪みやすい状態になっていますので、痛みなどの症状が出た場合、放置するのではなく、早目に整体院へ行って矯正してもらうことがお勧めです。

骨盤矯正ヨガ

骨盤矯正ヨガのやり方

骨盤矯正ヨガですっきり!!

腰回りが、すっきりとする骨盤矯正ヨガのご紹介です。(個人差がございます。無理をなさらないようにしてください。)

1.両足の足の裏と足の裏を合わせるように座ります。

2.両足のつま先を両手で抱えるように前かがみになります。

3.その状態で、膝を上下に動かします。(10回くらいが目安です。)

4.引き続き、頭のてっぺんから、床とお尻がついている部分に軸があるイメージで、ぐるぐる回します。(初めは小さく、だんだん大きく回します。右、左それぞれ5回ずつくらいが目安です。)
 

  ポイントは、なるべく綺麗な円を描くように回すのがコツです。

。(背筋は伸ばします。)

5.足を前方に伸ばして、座ります

6.その状態で、両つま先だけを前後ろに動かします。(5回くらいが目安です。)

7.その状態から、両足を開いて、片側づつ腰を引くようなイメージで前後ろに動かします。(片側ずつ交互に5回くらいが目安です。)

8.引き続き、今度は、つま先をもって前後ろに動かします。

9.後ろの方に手をついて、足を軽くまげ、両膝とかかとをくっつけて、左右に倒します。(ゆっくりと交互に5回くらいが目安です。)

10.引き続き、足を肩幅くらいに開きます。

11.今度は、片方のひざは立てたままにして、もう片方の膝だけを内側に倒します。(ゆっくりと交互に5回くらいが目安です。)

動画の方はこちらです。→http://youtu.be/plZf_Z0RloQ

kotubankyouseiyoga.jpg

バストアップの方法

矯正下着以外でのバストアップ方法

矯正下着以外でのバストアップ方法

バストアップと言えば、先ず、矯正下着というイメージが強いです。

矯正下着の他には、サプリメントや豊胸手術、といったものがあります。。


以前までは、バストのサイズは遺伝だから、強制的にバストアップすることが常識でした。

 
最近では、バストのサイズは遺伝とは関係が無く、生活習慣にもっとも左右されるといわれています。


子供は親の生活習慣を引継いでしまいがちなので、子供も親と似たようなバストサイズになるため、遺伝と思われていました。

バストのサイズは、生活習慣生活環境によって決まります。

 

現在、バストのサイズでお悩みのあなたも、実は生活習慣や生活環境が知らず知らずのうちにバストの成長を妨げているのかもしれません。

バストアップにマイナスの要素を取り除くことによってバストアップする方法を紹介します。

矯正ガードルや矯正下着

産後体型を助けるガードル

産後の体型を助けるガードル下着
 
産後、体は元の体型へと自然に戻ろうとします。

だからといって、自然のままほったらかしにしていたら、体の各々のパーツは重力に従って下に垂れていきます。

ガードル下着は、下に垂れていくことを防いで、正常な体型を保ちます。

また、ガードル下着には体型のラインを整えたり、正しい姿勢に矯正する力を持っています。

そのほかにも、適度の刺激を筋肉に与える事によって、筋肉の運動を助けたりしてくれます。

ガードル下着ってまさに、縁の下の力持ちですね。

さらに、出産で緩んだ骨盤の安定をも手助けしてくれます。

腰への負担を和らげるといった効果のあるガードル下着は、産後の体の回復を助けてくれる優れモノです。

次は、産後の骨盤矯正ガードルを選ぶ際に注意するポイントについてお伝えします。→産後の骨盤矯正下着の選び方

骨盤矯正とダイエット

産後に骨盤を矯正するダイエット法

産後骨盤矯正するダイエット法

ダイエット方法にはたくさんの種類がありますが、今話題の骨盤矯正ダイエット法をご紹介します。

誰でも、自宅で簡単にダイエットしたいと思いますよね。

今回ご紹介する骨盤矯正ダイエットは、自宅で簡単にできますのでおすすめです。

骨盤は特に歪み易いので、その歪んだ骨盤を矯正することで間接や骨を内側から支えているインナーマッスルを鍛えることが肝心です。

インナーマッスルを鍛えることによって体の内部から太りにくい体質へ改善していきましょう。

やり方さえ覚えてしまえば、難しいダイエット方法ではありません。

まず、背中をぴったりとつけて壁に立ちます。

これは、歪んでいる骨盤を矯正する為に行います。

コツとしては、おなかとお尻の穴に力をいれて、かかと、お尻、後頭部がぴったりと壁に付くようにします。

この骨盤矯正方法を毎日3分間、テレビを見ながらでも行います。

次に、つま先を開いて両かかとをつけた直立の状態で、膝の屈伸を5回程度おこないます。

コツとしては、ひざを伸ばした状態のときにお腹やお尻に力を入れて両膝は必ずつけるようにします。

この膝の屈伸の最後に、10秒間で息をはきながら立った姿勢を保ってください。

次に、足を前に伸ばして床に座り、腰とお尻を使って前に進むお尻歩きをする骨盤矯正ダイエットです。

この方法は骨盤矯正の効果が期待できます。

お尻歩きのコツは、体の前で両腕を組み、背骨をしっかりと伸ばした状態でお尻歩きしましょう。

これらの、産後の骨盤を矯正するエクササイズは自宅でいつでも気軽にできますね。

  1 2 3 4  次の20件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。